banner

ビジネスモデルの可能性も

中古車オークションは新しいビジネスモデルの可能性も


中古車オークションと言うと、インターネットでも展開されています。実際に主催をしている業者は全ての車を所有して私有地や貸し駐車場に保管をしている訳でもありません。それは中古車販売店と提携をして車を買いたい人との中継をする役目を担っているようです。車を売りたい中古車販売店と、車を買いたい一般のお客さんを結ぶ役割としてインターネットでオークションサイトを開設しています。

実際にオークションで車を購入する為に参加する事ならば、ネットオークションならば個人でも出来ますが、車を売る場合は古物商等の資格が必要となり、オークション開催サイトへの登録の必要もあります。登録をするには古物商の登録証明書の他に、営業をしている店舗の写真や、その他必要な書類が沢山あるという事です。登録申し込みをしてから厳しい審査を経て晴れて会員となる事が出来ますが、会費の支払いも必要となりますが、それだけでなく登録に際しては登録料の支払いも必要になります。

このような厳しい審査をクリアして晴れて中古車オークション主催者の会員になる事が出来ます。その為には個人の人が資金やノウハウ、資格、店舗や車の展示場等の所有も無く中古車オークションの会員になる事は難しいでしょう。

日本にはいくつかの中古車オークション開催企業があるようです。それも大手は株式市場に上場をされる程の会社の規模となっていて、全国に会場を持っています。それらの会場でオークションに参加出来るのは、やはりオークション会員に限定をされているという事です。そんな中古車専門販売店ならば冒頭で述べたようにインターネットオークション開催サイトに登録をすると、従来の中古車情報雑誌に掲載をする方法よりもより多くのお客さんにお店の商品を宣伝する事が出来るのではないでしょうか。

一度登録をする事で、オークションサイトではその他にも複数の同様の中古車販売サイトと提携をしているので、それらのサイトにもお店の商品を掲載して貰う事が出来る為、オークションと中古車販売の2通りの方法で車を売る事が出来ます。従来は店舗を構えているだけであった中古車販売店も、インターネットを利用する事で更に宣伝を拡大する事が出来る為、これからは新しいビジネスモデルとして中古車販売業を営む事が出来るのではないでしょうか。

こういったサイトでは数万台もの中古車が掲載され、中古車を探している人にも宝の山と言えるサイトであるのではないでしょうか。そんなサイトに登録をする事により、いくらかの料金を支払ってでも得られるものはそれ以上となるかも知れません。

Copyright(c) 2014 中古車オークションの便利な活用方法 All Rights Reserved.