banner

中古車オークションを見学

中古車オークションを見学するには


中古車販売業者が商品である中古車を仕入れたり、顧客から指定された車種や年式の車を手に入れるために中古車オークションを活用します。最近は、インターネット接続技術の飛躍的な向上やインターネットが各家庭に普及され、多くの人が大量のデータをすばやく発信することが可能になりました。そのため、中古車販売業者は中古車オークションで購入した中古車をすぐに全国に向けて発信させます。中古車オークションに参加を希望する前にオークションを見学したいと思う場合、オークション会社が設ける条件をクリアしなければ、オークション参加どころか見ることすら不可能になります。そのため、一般の消費者が興味本位でオークションを見るのは困難です。通常オークション内を見ることを希望する場合、オークションに参加する場合と同じ条件を課されるケースがほとんどです。オークションを見たい場合、何点か条件を課されます。1つ目は、希望者は古物商許可を持っている必要があります。古物商とは、古物営業法に規定される古物を業として売買または交換をする業者や個人のことです。古物の中に盗品や犯罪の使用を疑われる物品もあるため、そうした場合の捜査や情報収集のために、営業開始には営業所を管轄する都道府県公安委員会の許可が必要になります。2つ目は、一部オークションでは、見学を希望する中古車オークションの現会員の同伴が必要とされます。一般的に、中古車オークションに出品される中古車は正確な値付けを行うため、その外観だけでなく、内部やエンジンルームを確認する必要があります。また、実際にエンジンをかけて、排気状態を確認する必要があります。そのため、車内に鍵をつけて停めている場合がほとんどです。そうした状況で外部の人間を入場させるのは、セキュリティ上大変問題があるため、セキュリティのためにオークション現会員の同伴がないと入場が難しくなるオークションもあります。中古車オークションを見学するには、前提条件がありますが、オークション参加希望者は今後中古車販売業を進めていきたいのであれば、参加希望を出す前に一度はオークション内を見て、どのように中古自動車がセリにかけられているのか確認することは必要です。また、オークション参加者が出品される中古自動車のどのような部分に目を光らせているのかも、オークション内部に行かないと分かりません。こうした理由のため、中古車オークションの見学は会員になる前に必要な行為です。

Copyright(c) 2014 中古車オークションの便利な活用方法 All Rights Reserved.